TEL 0774-23-4001

宇治市小倉町久保106-2アペゼビル1F​

Skip Navigation Links猫の去勢手術法

猫の去勢手術について

はじめに

・精巣を摘出する手術です。日帰り手術になります。

・本来の性格は変化することはありません。ただし、雄としての猛々しさは抑制されます。

・雄性ホルモンが減少するため雄として使用するエネルギーが余るために、消費カロリーが減少し肥満傾向に陥りやすいです。

食事管理でコントロール可能です。

 

メリット : 尿の臭いが減る。壁などに尿を吹き付けるスプレー行為が無くなる。

       ただし1歳以上ではスプレー行為は残る可能性があります。

       腹腔内潜在精巣の場合は精巣腫瘍の観点から強く去勢手術を勧めます。

デメリット: 肥満になると泌尿器系の病気や糖尿病になりやすくなります。

 

手術の流れ

*手術は全身麻酔下で行います。Felinecast.jpg

①麻酔前投薬(鎮静鎮痛薬:α2作動薬、オピオイド作動薬およびベンゾジアゼピ

ン系催眠鎮痛薬)および抗生剤(主にセフェム系)を注射します。

②鎮静状態になり意識消失したら麻酔マスクを用い吸入麻酔剤(イソフルラン)

を痛覚消失レベルまで濃度(2~2.5%)で維持します。

③術野の被毛を刈り消毒(ヨード剤・エタノール等)をします。

④陰嚢頭側の皮膚を1cmほどメスで切開して左右の精巣を取り出し、

精管、動脈および蔓状静脈叢をレーザーで切断し精巣を切除します。

⑤皮膚はステンレスの糸(感染性がなく強靭なため)で縫合します。

⑥吸入麻酔を遮断し酸素を吸入させたのち麻酔マスクを外します。

覚醒しやすくするためにα2拮抗薬を注射し、10分ほどで鎮静が解除されます。

⑦意識が回復したら入院室で安静にします。

 

戻る